#14 分散ギャラリー 養蚕農家 周辺

 

養父市大屋町では、江戸時代後期から昭和にかけて県内でもっとも養蚕が盛んにおこなわれていました。今でも大杉地区には12戸の3階建て養蚕農家が残され、兵庫県の歴史的景観形成地区に指定されています。

築約150年の建物を改装しオープンさせたのが分散ギャラリー「養蚕農家」です。木組みの美しさと懐かしさを残した造りになっていて、大屋で生まれた「うちげぇのアート」や「木彫フォークアート」のホームギャラリーとして、作家たちの発信の場になっています。

すぐそばには、同じく養蚕農家だった古民家を利用したふるさと交流の家「いろり」も。こちらは越屋根、板戸、土壁など、蚕を飼育するための工夫が随所に見られる、3階建て養蚕農家の住宅を宿泊施設として一軒まるごと貸し出しています。初めて訪れる場所なのに、昔話に出てくる囲炉裏のある空間が郷愁を誘います。

 

bura8_sub

 

_

兵庫県養父市大屋町大杉 分散ギャラリー養蚕農家
https://www.facebook.com/135811246610188/

 

 

こちらの記事もオススメです