#22 池田草庵 青谿書院

但馬の聖人、池田草庵をご存知ですか?草庵は養父が産んだ偉大な儒学者です。草庵は19歳の時、養父町を訪れた儒学者・相馬九方(そうまきゅうほう)の教えを受け、儒学を志します。京都一条坊に塾を開いて高名をあげた後、故郷に帰った草庵は、八鹿町の「立誠舎」という建物を借り受け、その生涯を人財育成に捧げました。

八鹿町にある八鹿青渓中学校の「青渓」という名称は、弘化4年(1845)、草庵が35歳の時に宿南に開いた漢学塾「青谿書院」に由来しています。「青谿書院」の茅葺き木造二階建ての建物は、兵庫県の指定文化財となっています。 幕末の世に草庵のもとで学び、ここから巣立った門下生には、東京大学総長をはじめ多くのリーダーがおり、彼らが近代化日本を支えたのでした。

_
兵庫県養父市八鹿町宿南171
http://www.city.yabu.hyogo.jp/3215.htm

 

 

こちらの記事もオススメです